四條畷で接骨院なら「はなまる鍼灸整骨院」

ばね指

ばね指を治したい
そう思っているあなたへ
ばね指

 

ばね指とは?

ばね指とは、指を曲げるとロックして伸びなくなったり、曲げ伸ばしときに痛みが生じたり、痛みは無くても引っ掛かりを生じて曲げ伸ばしが辛い状態のことを言います。

親指と薬指に多く見られ(他の指もなります)、男女比では女性に圧倒的に多く、更年期や妊娠中、産後のママに多く見られます。

 

ばね指の原因は

指の付け根にある、指の腱と腱鞘(指を曲げたときに指が浮き上がらないようにするためのもの)が使いすぎによって、潤滑不足になり摩擦による炎症を起こし、潤滑不足と炎症が長期に渡ることで腱の一部がコブのように太くなってしまい、指を曲げ伸ばしの際、そのコブが腱鞘を通過するときに「コクッ」や「ポコッ」とバネのように弾かれたり、腱鞘を通貨できずに完全にロックします。ばね指1

 

治療法

対症療法

痛みを和らげ引っ掛かりをなくすために、分厚くなった腱鞘に対して超音波療法・ハイボルテージ療法・鍼灸治療・手技療法を行い痛みを早期に和らげて行きます。また腱鞘内・関節内の潤滑不足を解消するための手技療法も行い引っ掛かりがなくなるようにして行きます。

痛みが強い場合には、テーピングによる固定・装具による固定を行うこともあります。

根本治療

対症療法では同じ指が再発したり、違う指もばね指になったりすることもあります。

なので、そもそもどうして「ばね指」になったのか?と言うところを改善するために、再発しないように根本的な治療を対症療法と並行して行うこともできます。

バネになっている「指」だけではなく、手首・肘・肩・首・背骨・腰・骨盤とさかのぼって行き、身体全体の歪みを整え、正しい体の使い方を身につけることで再発しないようにする事ができます。

手術(病院で)

関節が完全にロックしてしまい保存療法ではどうすることもできなくなってしまった重症例では病院で手のひらを切開して治療します。

手術の適応になる前に、早めの治療が、回復も早いのでおすすめです。

 

お問い合わせはこちら

0728760620LINE@予約フォームへ

四條畷で接骨院なら口コミ実績1位「はなまる鍼灸整骨院」 PAGETOP