四條畷で接骨院なら「はなまる鍼灸整骨院」

腱鞘炎(けんしょうえん)

腱鞘炎を治したい
そう思っているあなたへ

腱鞘炎

 

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、筋肉の末端で骨とつながる「腱」と腱を包んでいる「腱鞘」が摩擦により炎症が起きることを言います。

手首の親指側になると「ドケルバン病」手のひらの指の付け根になると「ばね指」と言われます。

腱鞘炎の原因は?

腱鞘の使いすぎ、摩擦が主な原因ではあるのですが、手首や指などの関節が緩んでいると緩みのある分「腱」が引き伸ばされます。

腱が引き伸ばされた状態で摩擦が起こると、炎症が起きやすく症状が出やすくなります。

産後のママさんに腱鞘炎が多いのは、ホルモンの影響で全身の関節がゆるくなっている為です。

また腱鞘内の潤い・滑らかさが少ない状態になると起こりやすい症状でもあります。

治療法

使いすぎをセーブできれば炎症は抑えられるのですが、現実的にお仕事や家事育児など理由があって使わざるを得ない事が多いと思います。

使いすぎをセーブすることは難しい場合でも、使いながら痛まない状態を目指して行きます。

まずは対症療法として、患部の炎症を抑える超音波やハイボルテージ、マッサージやストレッチテーピングを行うことで良くなって行きます。

関節の緩みがあると上記の対症療法だけでは治りにくく、関節が緩いと腱が引き伸ばされた状態が続くので指・手首・肘・肩・首・背骨・骨盤と順にさかのぼりながら関節の緩みに対して治療することで、マッサージやストレッチなどをしても治らなかった腱鞘炎が良くなって行きます。

お問い合わせはこちら

0728760620LINE@予約フォームへ

 

 

 

四條畷で接骨院なら口コミ実績1位「はなまる鍼灸整骨院」 PAGETOP